0120-851-929
受付時間10:00~19:00(水曜休診)

家庭用脱毛器の脱毛効果

家庭用脱毛器の効果と注意点

現在、数多くの家庭用の脱毛器が市販されています。
中には「プロ仕様!」「クリニックの医療レーザー脱毛と同じレーザーを搭載!」などといううたい文句の家庭用脱毛器も。
もし、家庭用脱毛器を使って家庭でセルフ永久脱毛ができるなら、とても手軽で魅力的ですね。

しかし、家庭用脱毛器を使用する前に、その脱毛効果について正しく理解する必要があります。
さらに、脱毛効果以外にも、家庭用脱毛器にはいくつか注意すべき点があります。
家庭用脱毛器の脱毛効果と注意点について、詳しくお伝えします。

家庭用脱毛器に永久脱毛効果はありません

まず結論から申し上げますと、家庭用脱毛器には永久脱毛の効果はありません。
光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛など、家庭用脱毛器の種類に関わらずそれは同じです。

「永久脱毛」と呼べるだけの脱毛効果を得るためには、毛を生む組織を破壊する必要があります。
この、身体の組織を破壊するという行為は「医療行為」とされており、医師の監督下でしか行えないと法律で定められているのです。
医療機関ではない脱毛サロンでの脱毛も、それは同じです。

つまり、もし永久脱毛効果があるかのように宣伝している家庭用脱毛器や脱毛サロンがあれば、それは法律に違反していることになります。
くれぐれもご注意くださいね。

家庭用脱毛器の効果は「一時的な抑毛」

家庭用脱毛器には、毛を生む組織を破壊するだけの効果はありません。
つまり、「医療用と同じレーザーを搭載!」などと書かれていても、レーザーの出力はクリニックの医療レーザー脱毛器よりもずっと弱いとお考えください。

家庭用脱毛器では毛を生む組織を破壊できないものの、ダメージを与えて弱らせる程度の効果は期待できます。
これによって毛が細くなったり、毛が生えてくるスピードが遅くなったりするというのが、家庭用脱毛器の効果です。

もちろん永久脱毛ではありませんから、一度「毛が生えてこなくなった!」と感じても、ほとんどの場合は数カ月~数年がたてばダメージから回復し、再び毛が生えてくるようになります。

家庭用脱毛器の効果は、脱毛サロンと同じで「脱毛」というよりも「一時的な抑毛」と言えるでしょう。

家庭用脱毛器についての注意事項

家庭用脱毛器には、脱毛効果以外にもいくつかご注意いただきたい点があります。
購入してから後悔することのないよう、きちんとご理解ください。

「家庭用脱毛器なら安くて手軽」とは限りません

家庭用脱毛器は手軽とは限りません

「脱毛サロンやクリニックに通うことを考えると、家庭用脱毛器を買った方が安いし楽そう。」と思ってしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。

多くの家庭用脱毛器はカートリッジ式になっており、定期的にカートリッジを追加購入することが必要になります。
脱毛器そのものやカートリッジの価格は一見するとクリニックの永久脱毛コースよりも安く感じられますが、ここで改めて注意したいのは「家庭用脱毛器は永久脱毛ではない」という点。
つまり、ムダ毛が白髪になって光・レーザーが効かなくなるまでずっとカートリッジを買い続けることになるのです。
ちりも積もれば山となる、という言葉がある通り、一見安価に見えても10年、20年続けることを考えると馬鹿になりませんね。

さらに、手軽さという点も注意したいところ。
家庭用脱毛器で全身に定期的に光・レーザーを照射するというのは、自分でやってみると想像以上に面倒なものです。
自己処理の頻度が減るとはいえ、一度カミソリで全身を剃ってから脱毛器でさらに照射していくわけですから、一度にかかる手間は倍増。時間もかかります。
医療レーザー脱毛であれば、数カ月に一度、5~6回クリニックに通えば脱毛が完了します。
これから一生ムダ毛と付き合っていくことを考えると、家庭用脱毛器の方が手軽とは言い切れないのです。

家庭用脱毛器のリスク

家庭用脱毛器は肌トラブルのリスクが高い

家庭用脱毛器は医療レーザー脱毛よりもエネルギーが弱いとはいえ、やけどなどの肌トラブルのリスクも持っています。
医療レーザー脱毛であれば、医師の診断の下できちんと正しい出力・照射方法で照射しますから、自分で施術を行う家庭用脱毛器のリスクは医療レーザー脱毛よりずっと高いと言えるでしょう。

さらに、美容皮膚科クリニックで行う医療レーザー脱毛であれば、脱毛施術によって万が一肌トラブルが生じても、皮膚科医がすぐに診察してお薬を処方することができます。
横浜マリアクリニックの場合、この場合の追加の診察費・お薬代は無料です。

一方で、家庭用脱毛器の場合はリスクも自己責任。
肌トラブルが起きた場合は、自費で皮膚科にかからなければなりません。

家庭用脱毛器の使用はおすすめいたしません

ワキや腕・脚など特にムダ毛が気になる部位において、カミソリ・シェーバーによる自己処理の補助として使うぶんには、確かに家庭用脱毛器は有用です。
ムダ毛処理の頻度を減らすことができますから、毎日自己処理をすることと比べれば、お肌への負担と手間を軽減する効果が期待できるでしょう。

しかしながら、脱毛効果、安さ、手軽さ、そして何より安全性を総合的に考慮して、横浜マリアクリニックでは家庭用脱毛器の使用はあまりおすすめしておりません。
実際に、当院には「家庭用脱毛器を買って長年使っていたけど効果が感じられなかった!」「初めから医療レーザー脱毛を受けに来ればよかった」という患者さまが多くいらっしゃいます。

脱毛器による自己処理からの乗り換えをお考えの方も、ぜひ一度横浜マリアクリニックの無料カウンセリングへお越しください。

page top