脱毛方法の種類|横浜の美容皮膚科で医療レーザー脱毛【マリアクリニック】

脱毛方法の種類|横浜の美容皮膚科で医療レーザー脱毛【マリアクリニック】

0120-851-929
受付時間10:00~19:00(水曜休診)
横浜での脱毛を検討されている方へ

脱毛方法の種類

医療レーザー脱毛以外にも脱毛方法はありますが、永久脱毛としての効果が得られるものは医療機関での脱毛だけです。価格の安さを強調して宣伝しているエステ脱毛も多く見かけますが、本来、毛根を破壊する脱毛は医療行為であり、厚生労働省からも脱毛は医療機関でのみ行える行為であることが通知されています。マリアクリニックの医療レーザー脱毛では、毛質や肌質、肌状態などを考慮して治療内容をご提案しております。

医療レーザー

※患者が医療レーザーを受けている画像

医療レーザーは、特定の色にのみ反応するレーザーの特性を利用しています。

毛の生えている部分に照射すると、体毛のメラニン色素に吸収された後、熱に変換され、毛根と毛根周囲の毛包を破壊します。毛包に存在する毛を再生させる幹細胞を破壊することにより、永続的な減毛効果を得ることができる脱毛方法です。医療機関だけで受けることができ、エステ脱毛と比較した場合、仕上がりに大きな違いがあります。医療レーザー後は、熱が皮膚の内側にこもった状態になっているので、シャワー程度であれば、照射当日からご利用いただけます。

1996年には、米国サイノシュア社によって皮膚にダメージを与えずに毛根のみを破壊するレーザー機器が開発され、その後、米国FDA(米国食品医薬品局・日本の厚生労働省に該当)によって長期的な減毛効果が認められ、医療レーザーとしての歴史が始まりました。

光脱毛

エステ脱毛で採用されることが多く、フラッシュ、IPL、プラズマなど、様々なネーミングが付けられています。医療機関は強力なレーザー治療を行うことを国から許可されていますが、エステサロンでは許可が得られないため、採用できません。

経済的な脱毛方法ではありますが、長期的な効果は期待できません。また、フォロー体制を比較した場合、医療機関には医師が常勤しているため、万が一、施術中に何らかのトラブルが発生しても適切な処置が行えることに対して、エステサロンでは医療的なフォローができません。

針脱毛

主にエステ脱毛で採用されており、電気やニードルを使用します。針に電気を流して毛根を焼きます。一つひとつの毛穴に針を刺して電流を流し、毛根を焼くので効果はとても高くなっております。痛みを伴い、通院回数も多くなるため、比較的、費用が高くなります。

除毛クリーム

クリームやワックスなどによって科学的に体毛を分解します。他の脱毛方法と違い、体毛を剃るのではなく、化学成分で体毛を溶かすイメージで、痛みはありません。しかし、表皮から出ている部分の毛を分解するだけの作用であるため、毛根自体は無くなりません。そのため、また生えてきてしまいます。

家庭用電気脱毛機

家庭用レーザーは、光脱毛の技術を採用しております。エステ脱毛でも同様の技術を採用しておりますが、医療レーザーと比較した場合、長期的な効果は期待できません。医療機関では高い照射出力を扱うことができるため、高い効果が期待できません。

家庭用電気脱毛機は、電気ローラーで毛を巻き取るタイプが大半で、埋もれ毛などのトラブルが発生する可能性があります。この他にも、ピンセットなどで毛を摘み、高周波の電流を流すタイプや、ローラーに電極バーを付けたタイプなどがあります。

毛抜き

脱毛ワックスや脱毛テープを含む毛抜きは、色素沈着、埋没毛、毛嚢炎などの皮膚トラブルの原因となるため、当院ではおすすめしておりません。

page top