0120-851-929
受付時間10:00~19:00(水曜休診)

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛の
レーザー・機器の種類は様々

医療レーザー脱毛のレーザー・機器の種類は豊富

医療レーザーによる永久脱毛をお考えの方の中には、積極的に情報を集めながら複数のクリニックを比較検討している方も多いのではないでしょうか。
そうすると、同じ「医療レーザー脱毛」の施術でも、クリニックによって使用する脱毛機器やレーザーには違いがあることにお気づきかと思います。

「皮膚科クリニックの医療レーザー脱毛ならどれも同じでしょ?」と思われがちですが、実は、レーザー・機器によって脱毛効果の高さや適応する肌質、そして施術時の痛みはまったく異なります。
医療レーザーによる永久脱毛で使われる機器の種類について、簡単にご紹介します。

永久脱毛に使われるレーザーの種類

①アレキサンドライトレーザーによる永久脱毛

アレキサンドライトレーザー脱毛の
特徴・メリット

アレキサンドライトレーザーによる医療レーザー脱毛

アレキサンドライトレーザーは、脱毛レーザーの中でも短い波長を持っています。
日本国内で、そして世界中で最も広く脱毛に使用されているレーザーです。

アレキサンドライトレーザーの最大のポイントは、黒い色(メラニン)に吸収されやすいという点です。
弱い出力でも、肌にダメージを与えることなく毛の黒色に敏感に反応して毛根の毛母細胞を強力に破壊することがでるのです。
肌の色が薄くて毛が黒い、一般的な日本人の肌質・毛質にはぴったりと言えるでしょう。
毛の濃い部位であれば一度の施術だけでも効果が目に見えてわかるほど、脱毛効果の高いレーザーです。

また、アレキサンドライトレーザーは、しみ治療にも使われるレーザーです。
永久脱毛の施術によってえ、軽度のくすみの改善といった美肌効果も期待できます。


アレキサンドライトレーザー脱毛の
デメリット

アレキサンドライトレーザーはメラニンに反応しやすいため、色黒肌や色素沈着を起こした肌に対しては照射できないという欠点があります。
肌のメラニンにレーザーが反応し、やけどを引き起こしてしまう恐れがあるためです。

また、産毛など毛の色が薄い場合には、レーザーが反応しにくいため脱毛効果が出づらい傾向にあります。

②ヤグレーザーによる永久脱毛

ヤグレーザー脱毛の特徴・メリット

ヤグレーザーは、黒人の脱毛にも使用されるレーザーです。
波長が1064nmと長く、メラニンに対する反応が弱いため、色黒肌や色素沈着を起こした肌にも照射することができます。
メラニンを多く含んだ表皮にもダメージを与えることなく、肌の奥深くまで届いて毛根に熱を加えることが可能です。
また、色の薄い産毛の脱毛にも効果が高いとされています。


ヤグレーザー脱毛の特徴・メリット

ヤグレーザーには、アレキサンドライトレーザーと比べると毛根を破壊する力は弱く、脱毛効果が低いという欠点があります。
一度の施術だけでは、脱毛効果は実感しにくいでしょう。

③ダイオードレーザーによる
永久脱毛

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーのちょうどあいだくらいの長さの波長を持っています。
日本国内で、アレキサンドライトレーザーに次いで多くのシェアを持つレーザーです。

現在使われているダイオードレーザー脱毛機には、「ショット式」と「蓄熱式」の2種類があります。
「ショット式」は、アレキサンドライトレーザー脱毛機など、他の一般的な医療レーザー脱毛機と同じ方式です。
毛の奥まで一瞬で熱を届けるために、強いレーザーをパチッと照射します。
基本的な仕組みが同じですから、脱毛効果の高さや色黒肌・産毛への対応力においては、アレキサンドライトレーザー脱毛機とヤグレーザー脱毛機の中間あたりの特徴を持っていると言えるでしょう。

一方で、蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機は、他の医療レーザー脱毛機とはまったく異なる、新しい脱毛機です。

蓄熱式医療レーザー脱毛機による
永久脱毛

蓄熱式医療レーザー脱毛機は、数年前に登場した新しい医療レーザー脱毛機です。
「蓄熱」という名前の通り、他のショット式脱毛機のようパチッと強いエネルギーを照射するのではなく、1ヶ所に連続的にレーザーを照射してじわじわと熱を加えていくというものです。
電子レンジやオーブントースターで例えるなら、「強」モードで一気に加熱するのではなく、「弱」で回数と時間をかけながらゆっくり温めていくようなイメージに近いとお考えください。

蓄熱式レーザー脱毛器の
特徴・メリット

蓄熱式医療レーザー脱毛機は、単に「ゆっくりじわじわ加熱する」だけでなく、照射のターゲットにも違いがあります。
ショット式の医療レーザー脱毛機は毛根の毛母細胞をターゲットとしていますが、蓄熱式脱毛機は毛母細胞よりも皮膚の浅い層にある「バルジ領域」という部位をターゲットにしています。
肌の奥深くまでエネルギーを届ける必要がないため、照射するエネルギーの強さは最小限。

ショット式医療レーザー脱毛機の仕組み 蓄熱式医療レーザー脱毛機の仕組み

そのため、レーザー照射時の痛みの少なさが蓄熱式脱毛機の最大の特徴です。
さらに、色黒肌や日焼け肌に対しても施術可能で、アレキサンドライトレーザー脱毛機が苦手とする産毛にも高い脱毛効果を発揮します。


蓄熱式医療レーザー脱毛機の
デメリット

蓄熱式医療レーザー脱毛機のデメリットの一つは、脱毛効果を実感するまでには時間がかかるという点です。
毛母細胞を破壊するショット式脱毛機のの場合は、レーザー照射直後~数日後にぽろぽろと毛が抜け落ちます。
一方で蓄熱式脱毛機の場合は、レーザーを照射しても毛乳頭は残ったままですから、照射しても毛はそのまま毛周期に沿って成長していき、自然に抜け落ちます。

また、蓄熱式脱毛機は登場からまもない脱毛機ですから、脱毛症例がまだ比較的少ないという点も欠点と言えるかもしれません。
「コース終了から10年後」などといった長期的な脱毛効果を追った症例もまだありません。

理論上は、バルジ領域からの発毛命令を断ってしまえば毛母細胞を破壊しなくても永久脱毛効果を得ることができます。
ただし、毛母細胞とバルジ領域の両方を断つことができるショット式のアレキサンドライトレーザー脱毛機の方が、より確実で高い永久脱毛効果を得られると、横浜マリアクリニックでは考えております。

横浜マリアクリニックの永久脱毛
「マリア脱毛」

横浜マリアクリニックの医療レーザー脱毛

横浜マリアクリニックでは、ショット式のアレキサンドライトレーザー脱毛機と蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機を使い分けながら永久脱毛の施術を行っております。

メインで使用するのは、一般的な日本人の肌質・毛質に最も高い脱毛効果を発揮するアレキサンドライトレーザー脱毛機。
アレキサンドライトレーザー脱毛機が不得意な色黒肌等の施術においては、蓄熱式の脱毛機を使用しています。
どちらの機器も、米国FDAにによって脱毛効果と安全性を認められた医療機器です。

厳選した2つの脱毛機を使い分けることで、肌質・毛質の個人差や部位ごとの差に的確に対応
「マリア脱毛」は、可能な限りすべての患者さまにつるすべの美肌を手に入れてお喜びいただけるよう、こだわりぬいた脱毛です。

横浜マリアの蓄熱式レーザー脱毛機についてもっと詳しく»

page top